PALSAR-2

ALOS-2搭載のPALSAR-2は、Lバンドの電波を空間に放射し、
地表面から反射される電波を受信することで情報を得るマイクロ波センサです。
ALOS-2では大きく3パターンの観測モードが選べます。

  • スポットライト
    モード(SPT)

    最も詳細な観測を実現する分解能1m×3m(観測域25km)

  • 高分解能モード(SM)

    分解能3m、6m、10mから選択可能(観測域50km or 70km)

  • 広域観測モード(WD)

    広範囲を一度に観測できる(分解能60m~100m、観測域350km or 490km)

これらの中から目的に応じて適切な観測モードを選択することで、最適な観測を行います。

PALSAR-2の主要諸元

観測モード スポットライト 広域観測
[28MHz] [14MHz] [490km]
観測モードID(略称) SBS WWS/WWD WBS/WBD VBS/VBD
観測幅(東西)
(レンジ方向の距離)
25km 350.5km 350.5km 489.5km
観測長(南北)
(アジマス方向の距離)
25km 355km 355km 355km
観測長(南北)
(アジマス方向の時間)
N/A 52秒 52秒 52秒
レンジ分解能※1 3.0m 47.5m
(5look)
95.1m
(5look)
44.2m
(2look)
アジマス分解能※1 1.0m 77.7m
(3look)
77.7m
(3look)
56.7m
(1.5look)
ピクセルスペーシング
レベル1.5/3.1
0.625m 25m
ピクセルスペーシング
レベル2.1
0.625m/1.25m/2.5m 25m/50m/100m
偏波 単偏波
(HH,HV,VH,VVのいずれか)
単偏波(HH,HV,VH,VVのいずれか)
2偏波(HH+HV又はVH+VV)
観測モード 高分解能
解像度 [3m] [6m] [10m]
偏波 単偏波/2偏波 単偏波/2偏波 フルポラリメトリ 単偏波/2偏波 フルポラリメトリ
観測モードID(略称) UBS/UBD HBS/HSD HBQ FBS/FBD FBQ
観測幅(東西)
(レンジ方向の距離)
55km
(最大)
55km
(最大)
40-50km 70km
(最大)
30km
観測長(南北)
(アジマス方向の距離)
70km 70km 70km 70km 70km
観測長(南北)
(アジマス方向の時間)
10秒 10秒 10秒 10秒 10秒
レンジ分解能※1 3.0m 6.0m 5.1m 9.1m 8.7m
アジマス分解能※1 3.0m 4.3m 4.3m 5.3m 5.3m
ピクセルスペーシング
レベル1.5/3.1
2.5m 3.125m 3.125m 6.25m
(2look)
6.25m
(2look)
ピクセルスペーシング
レベル2.1
2.5m/5.0m
/10.0m
3.125m
/6.25m
/12.5m
3.125m/6.25m
/12.5m
6.25m
/12.5m
6.25m
/12.5m

※1:特に断りのない限り1lookの値とする。また、入射角37度の値で規定されている。
※単偏波(HH,HV,VH,VVのいずれか)、2偏波(HH+HV又はVH+VV)、フルポラリメトリ(HH+HV+VH+VV)

PALSAR-2 プロダクト毎のデータ容量

PALSAR-2のデータサイズ(GByte)
観測モード スポット
ライト
高分解能 フルポラリメトリ 広域観測
3m 6m 10m 6m 10m 350km 490km
方式① 方式② 方式① 方式②
L1.1
(ジオリファレンス)※2
4.3 5.2 2.4 1 5.5 2.1 3.5 6.9 27.1 54.1 6 46.8
L1.5/L2.1/L3.1
(ジオリファレンス)
3.1 1.2 0.8 0.2 0.7 0.1 0.4 0.5
L2.1
(ジオコーデッド)※3
6.1 2.4 1.5 0.5 5.7 0.9 0.7 1.1

※2:ジオリファレンス:衛星進行方向を基準に地図投影したもの
※3:ジオコーデッド:地図上での方向を基準に投影したもの
※入射角37度を基準としている
※フルポラリメトリ以外、単偏波のデータサイズであり2偏波の場合は2倍となる
※観測モードの英語表記は、スポットライト(Spotlight)、高分解能(Strip Map)、広域観測(ScanSAR)となっている。
※代表的なオフナディア/スキャン番号のデータサイズ
※想定される最大のデータサイズ

  • 方式①(バースト方式)

    バーストごとにレンジ圧縮及び1ルックアジマス圧縮を行う。シグナルデータはバーストごとに作成されるが、同一スキャンかつ同一偏波に属するデータは同じイメージファイルに時系列順に格納。

  • 方式②(フルアパーチャ方式)

    バースト間のゼロ埋めを行い、レンジ圧縮及び1ルックアジマス圧縮を行う(処理はスキャンごと、かつ偏波ごと)。

PALSAR-2プロダクトの処理レベルの定義

レベル 定義 フォーマット
レベル1.1 レンジ圧縮及びアジマス圧縮を行った後の、スラントレンジ上の複素数データである。1ルックのデータであり、位相情報を含んでいるため、この後の処理のベースとなる。広域観測モードでは、スキャン単位でイメージファイルが作成される。 CEOS SAR
/GeoTIFF
レベル1.5 レンジ圧縮及びアジマス圧縮を行い、さらに地図投影した振幅データでマルチルックされたグラントレンジ上のデータである。 CEOS SAR
/GeoTIFF
レベル2.1 レベル1.1データに数値標高データを用いて幾何補正(オルソ補正)を行ったデータである。 CEOS SAR
/GeoTIFF
レベル3.1 レベル1.5データに画質補正(雑音除去処理、ダイナミックレンジ圧縮処理)を行ったデータである。 CEOS SAR
/GeoTIFF

PALSAR-2プロダクト処理レベルの特徴

レベル1.1 レベル1.5 レベル2.1 レベル3.1
シーン単位切り出し
レンジ圧縮
1ルックアジマス圧縮
マルチルック
アジマス圧縮
複素数データ
振幅データ
地図投影
Georeferenceまたは
Geo-coded
※Geo-codedのみ
オルソ補正
画質補正
(雑音除去処理)
画質補正
(ダイナミックレンジ
圧縮処理)
備考 Single Look Complex(SLC)データ、
インターフェロメトリ(InSAR)処理に使用可能
ピクセルスペーシングは観測モードにより選択可能 ピクセルスペーシングは観測モードにより選択可能