• ALOS-2
  • 災害
  • その他

PALSAR2

ニーラゴンゴ火山噴火

05_03_日本語.jpg

コンゴ民主共和国のニーラゴンゴ火山が2021522日に噴火し、溶岩流により、近接するゴーマ市で甚大な被害が出ています。溶岩流はギブ湖に近いゴーマ空港の近隣に到達し、現地当局からは、40万人が避難していると発表されています。

上の図は、ALOS-2でニーラゴンゴ火山付近を噴火後の2021年5月28日に観測した画像(左)と、噴火前の2020年3月6日に観測した画像(右)を並べたものです。

ALOS-2に搭載されるPALSAR-2というセンサーはLバンド(1.2GHz帯)という波長が長い電波により観測するので、同レーダにより、雲や噴煙を透過して火口や被災地の様子を捉えることができます。

下図は、欧州宇宙機関ESAの地球観測光学衛星(Sentinel-2)が2021年6月1日に撮影した画像(左)とALOS-2が2021年5月28日と2020年3月6日に観測した画像を合成した画像(右)です。2つの時期の合成画像は、赤く表示されるところは後方散乱が低下した位置になります。左右両方の画像において、火口付近や、空港の近隣の位置に変化が表れています。

上記画像について関心のある方は、サンプル画像としての提供も可能ですので、お問い合わせ内容詳細に「コンゴ火山ALOS-2サンプル希望」と入力し、問い合わせください。

コンゴ民火山噴火ALOS-2.jpg

業種別
-利用事例-

その他情報