• ALOS
  • 災害
  • その他

PALSAR観測

サリュチェフ火山噴火における緊急観測結果

2009年6月12日千島列島のマツア島サリュチェフ火山が噴火し、6月15日以降に噴煙が広がり始め、 その後に噴煙の高さが1万メートルに達し航空機の運航に影響をきたし始めました。 2009年6月22日の画像から、噴火後の火口は噴火前のものと比較して大きくなっていることが確認でき、噴火後の火口の直径は約390 m、噴火前の直径は約350 mとなっていました。 カラー画像は、「だいち」のセンサーであるPRISMとAVNIR-2の画像から作成されており、 より詳細に地表面の様子を見ることができます。 緊急観測した画像は、気象庁へ提供いたしました。 l_pal_sarychev_090619_070314.jpg (左)2009年6月19日(噴火後)のPALSAR強度画像。(右)2007年3月14日(噴火前)のPALSAR強度画像。

※本記事は2009年の情報を基にしています。

※出典:JAXA

業種別
-利用事例-

その他情報